SACOMV for Windows (工事損害調査システム)
 
システム 入力イメージ 製品一覧へ TOPページへ
SACOMV for Windows
 システム内容
今、工事損害調査システムに求められている機能
 
操作しやすいシステムメニュー システムメニュー
各画面の切り替えは左横のシステムメニューで行います。
システムメニューは常に表示されているため作業したい項目をクリックすると瞬時に画面が切り替わります。
名称登録マスタ 使用する名称はすべて登録!
部屋名・損傷状況・損傷種類・仕上材種類など建物が換っても使用する名称は同じなのでそれらの名称は予め登録しておき必要時にウィンドウで表示させ選択します。
Excel出力可能 Excel出力
調査データがExcel出力できますので様式・文字変更等の修正が可能となります。
また、発注者からのExcelデータでの納品指示も増えてきています。
損傷状況の集計 損傷状況の集計もワンクリック
調査表に記載されているすべての損傷状況の種類と数を集計する作業は簡単なようで実は大変なことです。この機能があるとないのとでは大きな違いがあります。
 

先頭へ
 
 入力イメージ

入力イメージ図
 
先頭へ