PAVE-ROPO (道路縦横断計測設計システム)
 
システム
製品一覧へ TOPページへ
PAVE-ROPO for Windows
 システムの特徴
道路舗装における路面形状の計測から設計までの業務を
一環して行える切削オーバーレイ支援システムです。
 
 
ノンプリズム・トータルステーションを使用して道路縦横断を計測
●車道外からの計測で、車線規制が不必要
路肩や歩道から計測作業を行う為、車線規制の必要がなく安全に計測が行えます。
計測イメージ ◆計測中に一般車両や歩行者が通過しても問題ありません。
路面以外のデータが得られた時は、自動で再計測を行います。
●少人数での計測が可能! 計測コストの大幅なダウンを実現
歩道があれば、ガードマンの必要がありません。(※)
また、計測作業自体も最小限の人員(1〜2名)で可能です。
つまり、人件費を低く抑える事が可能です。

※高速道路での計測については別途誘導員が必要です。
機械高さの取得 変化点の取得 後は計測を開始するだけ
プリズム 変化点の取得 自動計測
◆測量機はプリズムの方向に向けるだけ、中心合わせは測量機が自動で行います。[自動視準] ◆計測区間の変化点を計測します。
計測した変化点を元に自動計測の位置を求めます。

◆設定した計測間隔(5cm〜2m)で自動で計測を行います。
コントローラ上でリアルタイムに計測状況が表示されます。
コントローラ画面
●計測データを取り込み、すぐに設計作業が行えます
計測したらデータをPAVEシステムで取り込むだけ。
入力の手間を省き、入力ミスもありません。

すぐに縦横断図の印刷や設計作業が行えます。
横断図 CAD画面
詳細は こちらへ
▲横断図
切削オーバーレイ
◆作成した図面はOCF検定の認定を受けたCADシステムで編集する事が可能です。
電子納品への対策も万全です。
動作環境
測量機 ※メーカー並びに機種限定
コントローラ PoketPC
測量システム ROPO(縦横断計測システム)
設計システム PAVE(縦横断設計システム)
先頭へ