ASPLANT (配合設計システム)



ASPLANTfor Windows


最適な配合設計を簡単且つ効率的に作成!

・新材・再生混合物から排水性まで、あらゆる混合物に対処可能です。
・設計手順通りの流れで処理が進行しますので、作業に慣れていなくても簡単に配合設計が行えます。
混合物基本データ画面
・短時間で高品質な書類作成が可能です。カラー印刷にも対応しています。
・改質アスファルト、カラー合材、植物繊維など多種多様化する配合設計に対応します。
配合設計書 印刷画面
配合設計フローチャート
<配合設計フローチャート>


・使用材料の設定メニューでは、あらかじめ登録してある骨材、アスファルトから配合に使用する材料を選択します。

使用材料の設定画面
・マーシャルグラフ画面では測定値から得られた各特性値グラフを調整できます。
・また設計アスファルト量決定についてのコメント入力も可能です。

マーシャルグラフ画面
・現場配合の決定メニューではプラント配合値の決定を行います。
現場配合の決定画面
・配合設計書の出力メニューでは、さまざまな条件設定により目的に応じた書類を簡単に作成できます。
配合設計書 印刷画面


・2.36mm通過率-空隙率グラフメニューでは、暫定3配合試験から得られた特性値をグラフ化し、目標空隙率となる2.36mm通過率を自動で取得します。
2.36mm通過率-空隙率グラフ画面
・ダレ試験グラフメニューでは、ダレ試験の損失量特性グラフから最適アスファルト量を決定します。
・グラフ調整機能を使用すれば、手作業では困難だった詳細なアスファルト設計が実現できます。
ダレ試験グラフ画面
・排水性合材用の各種物性試験メニューも準備されています。
物性試験画面
・配合設計書の出力メニューでは、さまざまな条件設定により目的に応じた書類を簡単に作成できます。
排水性配合設計書 印刷画面


・ホットビン合成粒度では、各ビンのふるい分け重量結果からビン粒度を取得します。ビン粒度の直接入力も可能です。
ホットビン合成粒度 画面
・アスファルト抽出試験では、アスファルト量を3ポイントまで指定でき(OAC±0.3%等)、測定データは各アスファルト量につき3回分まで入力可能です。
アスファルト抽出試験 画面
・試験練り結果画面では、試験練りの結果報告文を作成します。
試験練り結果 画面
・試験練り報告書印刷画面では、各種印刷条件を設定して試験練り報告書の印刷を行います。
試験練り報告書 印刷画面