よくある質問 (SACOMW沖縄版)
 
印刷・出力関連 単価関連 入力関連 よくある質問一覧へ TOPページへ
 
 印刷・出力関連 (SACOMW沖縄版) 
 
 ここでは、[印刷][Excel出力]のよくある質問についてお答えさせていただきます
 
質問 「連続印刷」「個別印刷」「Excel印刷」の違いはなんですか?
回答 「連続印刷」「個別印刷」はプリンタに直接印刷させることができます。「連続印刷」は複数の帳票種類を指示して連続で印刷させることができます。「個別印刷」は帳票種類は1つだけですが、特定の「頁」のみを指示して印刷させることができます。「Excel印刷」は「Excelファイル」を作成し「Excel」の機能を利用して印刷させることができます。「Excel印刷」の中にある「Excel出力」は印刷はしないで「Excelファイル」だけを作成し保存することができます。また「プレビュー」も印刷はしないで、「Excel印刷」の内容を確認することができます。
 
質問 「Excel印刷」「Excel出力」(プレビュー)時にエラー
(実行時エラー'2147417851(80010105)' オートメーションエラーです。 サーバによって例外が返されました。)が発生する
回答 ご使用されている環境により発生することがあります。「Excel原本ファイル」を初期設定することにより発生しなくなります。「Excel原本ファイル」の初期設定方法につきましては、バージョンアップCD内にあります「特殊操作説明」をご確認してください。
 

先頭へ
 単価関連 (SACOMW沖縄版) 
 
 ここでは、SACOMで使用する[単価]のよくある質問についてお答えさせていただきます
 
質問 新年度単価を使用したいのですが?
回答 「標準書単価」につきましては、弊社にて入力代行させていただき「単価マスタFD」として送付させていただいております。(「標準書」の発行後1〜2週間程度のお時間をいただいております。)「単価マスタ」のインストール方法につきましては、納品時に配布させていただきました[SACOM関連説明書]内の「単価マスタインストール方法」を確認してください。
 
質問 旧年度で作成した「資材単価」や「合成単価」は
新年度でも使用できますか?
回答 「単価マスタ」は年度毎に1つのファイルとして管理しています。旧年度の「単価マスタファイル」から新年度の「単価マスタファイル」へ単価種類(立竹木・工作物(資材・複合・合成)・動産)毎にコピーすることができます。「単価マスタ」のコピー方法につきましては、納品時に配布させていただきました[SACOM関連説明書]内の「単価マスタコピー方法」を確認してください。
 
質問 旧年度単価で作成した「物件データ」の内容を
新年度単価に置き換えることはできますか?
回答 各入力画面で使用されている単価を、新年度の単価に一括更新する機能として「立竹木更新」「工作物更新」「動産更新」を準備しております。(「工作物」で「合成単価」「現場合成単価」を使用されている場合は「合成単価更新」「現場合成単価更新」もあります。)各入力画面の更新方法につきましては、納品時に配布させていただきました[SACOM関連説明書]内の「単価マスタ年度更新」および「物件データ年度更新」を確認してください。
 
質問 「合成単価」と「現場合成単価」の違いはなんですか?
回答 「合成単価」で入力した内容は、年度毎に作成される「単価マスタ」に登録されますので、どの物件でも使用することができます。「現場合成単価」で入力した内容は、「物件データ」に登録され、その物件内のみで使用することができます。
 

先頭へ
 入力関連 (SACOMW沖縄版) 
 
 ここでは、[入力]のよくある質問についてお答えさせていただきます
 
質問 計算式に「二乗」「ルート」や「sin」は使用できますか?
回答 使用できます。「二乗」は「べき乗」を使用します。対象数値を入力し、その後ろに’^’(ベキ乗マーク/かなの’へ’の位置)と乗数を入力してください。「ルート」は漢字の’√’(シフトJIS:81E3)を入力して、その後ろに対象範囲を括弧()で括って入力してください。「sin」はそのまま’sin’と入力し対象角度を数値で入力してください。
 
質問 平成22年度からの(工作物)の算定方法に対応していますか?
回答 対応しております。平成22年度から(工作物)の算定方法が変更され、建物の移転料の算定方法に準拠して補償額を算定する事になります。詳しい機能等については、お手数ですがこちらからお問い合わせください。
 
質問 (工作物)について、(再築工法)と(復元工法)を費用比較して自動で安価な工法を採用することはできますか?
回答 工作物の(再築工法)(復元工法)経済比較につきましては、平成24年9月(Ver1.50)以降より対応しております。品目毎の経済比較や、根拠帳票の出力にも対応しております。詳しい機能等については、お手数ですがこちらからお問い合わせください。
 

先頭へ